内股 改善

O脚矯正の緑ヶ丘カイロプラクティック 予約
O脚矯正の緑ヶ丘カイロプラクティックHOME

内股 改善例C

内股O脚とは

内股O脚とは、脚が内旋(内側に向いている)して膝や下腿の間に隙間があるO脚を指します。

自己チェックをしてみましょう。膝のお皿が正面ではなく、内側に向いているなら内股O脚の可能性が高いです。もしあなたがこのタイプなら、比較的改善しやすいO脚です。

XO脚の特徴を併せ持つタイプもありますので、豊富な知識と臨床経験を持つ整体院で検査を受けましょう。

内股O脚も変形を併せ持っている生まれつきの要素がある場合がありますが、まったく矯正出来ない訳ではありません。改善可能な範囲内で矯正いたします。あきらめずにご相談ください。



内股O脚矯正例@ > 内股O脚矯正例A > 内股O脚矯正例B

内股O脚矯正例C > 内股O脚矯正例D > 内股O脚矯正例E


内股 O脚 改善写真
【内股改善データ】 東京都K様 施術回数10回

脚がやや内旋した内股O脚です。骨盤が前傾しており、内腿の筋肉が弱化&硬くなって脚が離れています。施術は骨盤の強すぎる傾斜を、脚同士が寄せやすい角度に矯正することを重視。

エクササイズは内腿の筋肉の強化とストレッチをがんばっていただきここまで改善しました。

内股 O脚 改善写真
【内股改善データ】 東京都T様 施術回数10回

膝が内側を向いた内股O脚です。骨盤の歪みが原因で脚を正面に向ける事が出来なくなり、脚の間に隙間が開いてしまうのです。

骨盤、股関節を矯正しましたら綺麗な脚線に改善しました。

内股 O脚 改善写真
【内股改善データ】 東京都W様 施術回数10回

膝(ひざ)のお皿が正面ではなく、内側に向いている内股のO脚です。

この方は治り方が早く、矯正4回目くらいから膝の隙間はなくなりました。ご本人いわく、矯正期間中は膝が正面に向くような姿勢をこころがけていたおかげで見違えるような脚に改善しました。

内股 O脚 改善写真
【内股改善データ】 東京都T様 施術回数10回

膝のお皿が正面では無く、内側に向いた内股のO脚です。
この方はガニ股ぎみに歩いてしまうクセがあり、それを悩んでいらっしゃいました。この原因は脚が内旋しているため、その代償で足関節は外向きにゆがんでいるからです。

足関節を矯正し、歩行問題の改善を図りました。矯正後は骨盤周辺がボリュームダウンし、スリムな印象になりました。

内股 O脚 改善写真
【内股改善データ】 東京都S様 矯正回数10回

膝(ひざ)のお皿が正面ではなく、内側に向いている内股のO脚です。
この方は治り方が早く、矯正6回目くらいから内股だった膝が正面を向き始め、10回目には完全に脚が前を向いています。ご本人いわく、矯正期間中は膝が正面に向くような姿勢をこころがけていたそうです。


内股O脚矯正例Dへ≫




O脚矯正の方法を学びませんか?




このサイトは著作物にあたり著作権法及びその他の条例で保護されています。
サイト内のあらゆるコンテンツの無断転載・コピー・模倣を固く禁じます

Copyright (C) 2007 O脚矯正 東京/整体院緑ヶ丘カイロプラクティック All Rights Reserved
.