治るO脚と治らないO脚とは

O脚矯正の緑ヶ丘カイロプラクティック 予約

治るO脚と治らないO脚


「機能的O脚=治る」「構造的O脚=治らない」それぞれの原因

専門的には、治るO脚は「機能的O脚」、治らないO脚は「構造的O脚」と言います。

機能的O脚とは骨盤や股関節、足関節などの関節の歪み、それに伴う脚の筋力のアンバランスによって脚が外転方向へ広がろうとして脚腺が歪んだ状態のことを指します。

機能的O脚は各関節を矯正し、筋力のバランス化を図ることによって改善する可能性があります。

次に構造的O脚ですが、写真のように脚の骨の形がO字型に湾曲している状態。骨格構造の変形によるものです。

写真のような構造的O脚は分かりやすいですが、他に発見されにくい変形もあります。
それは脚の骨が部分的に角度異常を生じている場合でもO脚やX脚の原因となります。
先天性のO脚

(※写真は一例です。当院は病院ではありませんのでレントゲン検査による画像診断はいたしておりません。徒手的検査法という手法を用いて異常を導き出します。)

改善するO脚

改善しないO脚

独自の徒手検査法で矯正の可否を判別します

当院は独自の診断技術を持つ整体院です。

もともとこの検査方法は腰痛や膝の痛み、股関節痛といった関節痛の原因を調べる時に用いる徒手検査法というものです。我々整体師だけでなく整骨院や医師なども使用する広く一般的に使われているものです。

徒手検査

このような検査法を駆使し、O脚の原因となる骨変形などの異常を検出します。この検査技術の必要性を感じた私と同業の治療家が全国から当院へ集まり研修を受けています。

なお、骨の変形が検出された構造的O脚の場合でもまったく矯正出来ないとは限りません。変形があっても矯正できる範囲があればどの程度まで改善できるのかをお伝えすることができます。



WEB予約




このサイトは著作物にあたり著作権法及びその他の条例で保護されています。
サイト内のあらゆるコンテンツの無断転載・コピー・模倣を固く禁じます

Copyright (C) 2007 O脚矯正 東京/整体Salon Blue. All Rights Reserved
.